LINEで送る
Pocket

 

自分が生活している地域、自分が関わるまちに活力があって、そこに暮らす人々には笑顔があふれている。活力と笑顔あふれる地域の実現を願わない人はおそらくいないでしょう。だからこそ、活力と笑顔あふれる地域づくりのために、地域の活性化やまちづくりのためのさまざまな活動が全国各地で展開されています。

この地域活性化の活動をプラニングする際には、地域の人々の「つながり」を強めることを念頭に置くことが重要だといわれています。なぜなら人口減少・高齢化が進む状況下で、急速に無縁社会の病理が地域社会に蔓延する可能性が広がっているからです 。そして、「無縁社会の蔓延」を未然に防ぐために不可欠なのが、地域における「コミュニティの再構築」なのです。

私たちは「コミュニティ」という人と人との繋がりに支えられた「地域の絆」で地域の人々の生活を守ってゆくという共通の認識が、今こそ必要だと考えています。現在の地域活性化の活動の多くは地域「経済」の活性化を全面に出していますが、その「経済」活性化の活動を通じて、地域の「コミュニティ」そして「人々の絆」もあらたに構築されていくべきだと思うのです。

さらに、この地域活性化の活動を展開してゆくためには、人頼みでない「自主・自立」の精神、そして自分達で知恵を出す「自考」の姿勢が必要だとされています。しかし、地域の人々のエネルギーを結集できるテーマやアイデアはそう簡単には出てこないというのも現実なのではないでしょうか。

地域の活性化、まちづくりには「バカ者、若者、よそ者」が必要だとよく言わますが、時には「よそ者の声」を取り入れてみるのも一考かと思います。新しい取組を考え始めたとき、アイデア開発が不調な時に、「よそ者の声」によって、今まで見えていなかったものが見えるようになり、新しい展開が開けることも往々にしてあるものです。
私たち一般社団法人地域社会活性化支援機構は、地域コミュニティと人々の絆の構築に寄与する地域活性化を推進するという考え方に立って、皆さんの地域社会を活力にあふれ、個性豊かなものにする活動を「よそ者」の視点から支援することを目的として活動を始めました。

皆さんが目指す笑顔あふれる地域社会構築のための活動を、私たちにも是非お手伝いさせていただきたい。そして近い将来、皆さんの笑顔の輪の中に私たちが参加させていただける日が来ることを心から願っています。

 

御園 慎一郎(みそのしんいちろう)
1953年生まれ。 東京大学法学部卒業後、地方行政の道に入る。
福岡、福井、茨城、愛知で地方自治体の運営にかかわる一方、東京で地方制度の企画立案に携わる。
内閣官房で地域再生を手掛け、厚生労働省で介護保険制度も担当。
さらに、「2002FIFAワールドカップ」の成功を裏方として支える。
地域の活性化のカギは「人財」であり、地域の誇り(ローカルプライド)が活性化のエネルギーという信念で、全国各地で活動中。