地域活性学会 第9回研究大会 スポーツ振興部会 セッションを開催しました。

LINEで送る
Pocket

2017年9月1日より9月3日まで、島根県浜田市の島根県立大学キャンパスを会場に、地域活性学会 第9回研究大会が開催されました。

スポーツ振興部会(事務局:一般社団法人地域社会活性化支援機構)では、「ホストタウンで地域をつくる ~企業と自治体の連携を通して~」をテーマとするセッションを開催させていただきました。

公益社団法人日本青年会議所の稼ぐ地域推進委員会の方々も本セッションにために駆けつけていただけたなど、ホストタウン推進がもたらす地域づくり・地域の活性化の可能性についての関心の高さがうかがえました。

セッションでは、企業と自治体の連携がもたらした新規事業分野への進出の可能性、あるいは企業と自治体の連携によるインバウンのド可能性などについて、事例報告とディスカッションを行いました。取り組みを希望する企業の悩みや自治体の現状、住民、企業、自治体をつなぐハブ的組織の有効性など、幅広い意見が出されました。

今後、様々な機会をとらえ、スポーツ振興部会として、また一般社団法人地域社会活性化支援機構として、シンポジウムやテーマ別勉強会の開催、各種マッチング、プロジェクトの実施、コンサルティングなどを進めて行きたいと考えています。